公開中作品(OPEN)                     
                                                 ペーパークラフトN

 番号  名称(Name) 完成写真(Poto)  説明 (Guide)  型紙・作成方法
N85 ヨーロッパの車
(European car
 はがきサイズで印刷するとNゲージサイズになります。
型紙は「シトロエンHバン」「・シトロエン2CV」「フォルクスワーゲンバン」「フィアット パンダ」です
型      紙 Paper pattern
 
N89 前甲屋根の民家
(Private house of Otari-village)
長野県小谷村付近の民家を参考にしています。村内には千國街道が縦貫し沿道には古寺社や石仏・道祖神が残っており、日本の原風景のような景観が残されています。 型      紙 Paper pattern
作成方法 Making
詳細解説 Commentary  
N82 赤毛のアンの家
(House of Anne of Green Gables

   作成にあたって参考にしたのは、約35年前に日本アニメーション 本社に訪問した時に購入した赤毛のアンの設定資料集です。細かな違いは気にしないでください。
 型紙の鶏小屋と納屋は壁面を茶色に修正しています。
型      紙 Paper pattern
作成方法 Making
詳細解説 Commentary
N88 愛知機械工業の車
 約50年位前の車です。
はがきサイズで印刷するとNゲージサイズになります。
型      紙 Paper pattern
 N77  アメリカの家
(American house)
   モデルとしたのはビエブックスから刊行されている「世界の家」の一枚の写真です。写真では壁面は白でしたが、作品は水色にしています。 型      紙 Paper pattern作成方法 Making 詳細解説 Commentary  
N83 昭和の個人商店
(Personal store AD1970)
大阪で万国博覧会のあった1970年ごろの町の食堂のイメージしています。この頃は洗濯機も出始めで乾燥機のない時代。町中の家では屋根付きベランダに洗濯物を干していました。ちょっと懐かしい時代の建物です。 型      紙 Paper pattern
作成方法 Making
詳細解説 Commentary
N79 スコットランドの民家
(Scottish private house)
 参考にしたのは写真本「新世界の家」の1枚で す。「なんかいい感じ」と思い作ってみました。イギリスの民家は結 構地方色豊かなものが多く興味を引きます。
 スコットランドの家の特徴は、 私的には切妻屋根の両端に煙突があるところ?かな。「世界の家 」「新世界の家」にはかなり創作意欲を掻き立てられました。 おまけにトラクターを付けています。
型      紙 Paper pattern
作成方法 Making
詳細解説 Commentary
N78 アメリカの家2
(American house)
New
 アメリカ風の家を作ろうとネットで検索していた時に見つけたロサンゼルス近郊の1950年代に建てられた家です。家と車庫が別棟になっています。1970年代頃はアメリカのホームドラマがよくテレビで放映していたように思います。今では家に複数台の自家用車を持つ家も珍しくありませんが、1970年代の日本はマイカーのある家も少なく、広い芝生の庭にマイカーのあるアメリカの家は「憧れの生活」でもありました。 型      紙 Paper pattern
作成方法 Making
詳細解説 Commentary  
N84 イギリスの車
(British car)

 はがきサイズで印刷するとNゲージサイズになります。
型紙は「ロンドンバス」と「新型ローバーミニ」です。
型      紙 Paper pattern
N80 ドイツの民家
(German house )
   ローテンブルクやハイデルベルク・ミュンヘンなど 旅しましたが、旧市街の家はみなこの作品のような雰囲気の家で した。もう少し予習していけ色々違いが分かったかもしれませんが 。  
 海外にはなかなか行けませんが、国内にもドイツを感じられる建物があります。神戸の異人館街もその一つ。 風見鶏の館、下はラインの館は、いずれも過去にドイツ人か居住し ていたという異人館です。
型      紙 Paper pattern
作成方法 Making
詳細解説 Commentary